Home > 生産・管理

生産・管理

品質マネージメントシステム

顧客からの要求内容を確実に満たした製品およびサービスを提供するための品質マネージメントシステムを作成し継続的な改善のプロセスを構築しています。

品質マネージメントシステム
取得した数々の特許

木酢液をそのまま飼料に用いることはできません。その中には発がん性物質や有害重金属が含まれているからです。
それらを取り除いた木酢液を得るためには、高度な精製技術が必要です。農研テクノはその技術を開発してきました。

取得した数々の特許
農研テクノはISO9001(2008年版)を認証取得しています。 登録範囲は[混合飼料、地養卵・地養鳥の加工食品、有機対応資材(土壌改良剤)]の設計・開発、製造 および付帯サービスです。

ISO(国際標準化機構:International Organization for Standardzation)は、1947年に設立されたスイスのジュネーブに本拠を置く非政府組織で、国際的な規格や標準を定める機関です。ISOの名称は機関名の頭文字からではなくて、「相等しい」という意味のギリシャ語:ISOSからきています。現在、120カ国以上が参加し、日本は1952年より工業技術院所属の日本工業標準調査会(JISC)が加入しています。

ISOが定めた品質システムについての規格がISO9000シリーズと呼ばれるものです。総合的視野に立った、品質管理・保証システムです。

これは、企業が自社内にしっかりとした品質管理システムをもっているかを第三者がチェックする国際的な規格です。品質に関する規格は、もともと各国がバラバラに定めていたのですが、国内だけならともかく、国際間の取引ではせっかくの規格も使えません。そのために別に輸出しようとするその国の品質保証規格を取得しなければなりません。これは無駄なことです。そこで、各国の品質保証の規格を統一しようとの目的で生まれたのがISOの規格です。

JIC,ISO,JABマーク